よくあるご質問

☆ホワイトニング Q&A

Q01.天然の歯以外にも効果はありますか?

白くなるのは天然の歯だけです。
詰め物をしてあったり、被せ物をしてある部分は白くなり難いことがあります

神経が死んでいる一本だけ変色している歯はCADENZAのほうがお勧めです。

Q02.痛くないですか?

歯を削らずに薬品で漂白するため痛くありません。

ホワイトニングは方式によっては凍みたり痛かったりすることがありますが、当サロンのホワイトニングはほとんど凍みず、痛みが出たことはありません。

Q03.身体に害はありませんか?

過酸化水素は消毒でも使用されるオキシドールの濃度の少し高いものになります。

さらに歯の表面に薬品を塗り拭き取るため、全身に作用することはありません。

学会でも問題ないものとの見解が出されております。

しかし、無カタラーゼ症(オキシドールの使えない体質)の方は分解酵素がないため向かないとされています。

Q04.治療後に歯が凍みたりしますか??

高濃度の薬品を使用したり、高温での施術を行うと歯が凍み易くなるといわれていますが、
当サロンのホワイトニングは薬品の濃度や温度によらずに、触媒の作用により
最大限の効果を発揮しますので比較的凍みることは少ないです。

Q05.全ての歯に効果がありますか?

ホワイトニングは歯の色素を表面から分子量の少ない物質に分解することによるものです。
よって、金属による着色のように薬品で分解しにくいものや、先天的に歯の内部
に着色しているようなものは白くなりにくいです。

Q06.どのぐらいの期間、持続しますか?

飲食物や喫煙の具合にもよりますが、通常半年程度で使用することによる着色で元に戻るとされております。
白さをキープするためにも歯磨きをしっかりしたり、定期的にクリーニングを行い、必要に応じて再度ホワイトニングを行うのが効果的です。

Q07.歯の色を白くするにはどんな方法がありますか?

まず薬品によって歯を白くするマジ☆プリ1000%ホワイトニングがございます。独自の薬剤調合しておりますので痛くないのに白くなるのが特徴です。他所のホワイトニングではあまり効果が実感できなかった方にもオススメです。
表面を削らずに薄くハイブリッドセラミックでコーティングするCADENZAなども当サロンで行うことができます。芸能人のような白さを得ることができます。

ご予約はこちらから




☆CADENZA Q&A

Q01.歯の色を白くするにはどんな方法がありますか?

薬品で歯を白くするホワイトニングの他に表面を白くコーティングするCADENZAがあります。
どちらも歯を削ることはありません。

ウチでは現在扱っておりませんが、もちろん歯を削ってセラミックを被せて白くする方法もあります。

しかし、天然の歯を削ってしまうと歳をとってから不具合が生じることもありますのでオススメしておりません。

Q02.歯並びを整えることもできますか?

CADENZAは多少の歯並びの凹凸は被せたり貼り付けるハイブリッドセラミックの厚さを調節することによって理想的な歯並びに近づけることができます。すきっ歯の解決には特に向いています。

※あまりにも歯の並びから外れた歯や噛み合わせの関係で完全に整えられない場合もございます。

Q03.CADENZAの歯はどのくらいもちますか?

CADENZAの歯は虫歯の詰め物以上の硬さがあります。
しかし、天然の歯と比べたらやわらかいですし、永久に持つとは限りません。
歯軋りしたり、中の自分の歯が虫歯になったりしたら欠けたり外れてしまうこともあります。

しかし、欠けたりすり減ったらまた足せばよいのです!セラミックと違い補修も簡単です!

ご予約はこちらから


☆付け八重歯 Q&A

Q01.どのタイプがオススメですか?

タイプA(エープラス)、お客様の声によって生まれた着脱可能な付け八重歯です。

以前はマウスピースにつけたものを使っていただいていたのですが、マウスピースの装着感が気になるという欠点を改善し、犬歯のみに入れ歯安定剤などでくっつけるタイプの八重歯が完成いたしました。さすがに食事ではとれてしまうおそれがあります。

タイプBは虫歯の詰め物に使うのと同じ素材を使用して付け八重歯を盛り足していきます。食事も通常通り食べられます。盛り足したり削ったりする調整が簡単です。

どちらも値段は同じですし、その日に付け八重歯が出来上がります。ちなみに参考までに当サロンではタイプBが一番多いです。なぜなら、食事、ハミガキなどが可能で通常通りに暮らせるからです!

Q02.付け八重歯にしてみてやっぱり形が気になる場合は?

事前カウンセリングにより極力ご希望の形態を確認してから作業させていただきます。
また、一度装着した後も形態修整が可能です。

そしてアフターサービスとして、1回60分無料で調整もしくは除去させていただきますので使用してみて違和感があるという場合にも対応できます(半年以内)。

Q03.付け八重歯はとれませんか?

タイプB虫歯の詰め物と同じ方法で付けております。
可能な限り一番強い接着方法でつけておりますが、意図しない力が加わった場合や、すでに詰め物や被せ物がしてあるところでは取れてしまう場合があります。
とれてもタイプBは歯科用接着剤による再装着が可能です。

タイプA+は入れ歯安定剤などでつけていただくため、場合によってはとれやすいこともあります。もちろん医療用の素材を使用しているため、飲み込んでしまっても問題はないといわれておりますがお気をつけください。


Q04.付け八重歯は身体にわるくないですか?

基本的に噛み合わせに害のない部分につけていますし、清掃性にも極力配慮しております。

生体意外性のないハイブリッドセラミックスを使用しております。

よって通常の歯磨きをしている状態であれば特に問題ないアクセサリーであると考えております。

ただし、人によっては最初のうち口内炎のできる方もいらっしゃいます。気になるようでしたら大きさや形の調整も自由自在にできます。

ご予約はこちらから


☆執事ハミガキ〜ぷれみあむデンタルクリーニングQ&A

Q1.ぷれみあむデンタルクリーニングを行う周期はどのくらいがよいでしょう?

A1.標準として月1回のご来院を想定しております。ハミガキが上手でない方、歯周病の方などは2週間に1度のメインテナンスで改善したとの研究がありますので、2週間に一回もしくは1週間に一回のご来院をお勧めする場合もございます。


Q2.普通の歯科医院の保険の歯石取りと違うの?

A2.保険では来院回数が決められており使用する薬剤なども決まったものしか使えません。

保険では1回でお口全体のクリーニングはできませんし、回数通いたくても通えません。

また通院回数も多くなり、指導料、管理料などがかかりますので結局費用がかさんでしまうことになります。

特にPureCureでは希望しない限り治療に入らないので、「お掃除のために歯医者行ったら削られた!」ということがありません!^^b

特に予防歯科先進国スウェーデンで学んでおりますので、「どこまでクリーニングしていけばよいか?」については独自の考えがあります。ウチのクリーニングは痛くないと言われますが、クリーニングは強ければよいというものではありません!必要以上に強いクリーニングで歯茎を傷つけていることはありませんか?いつも歯磨きで血が出ることがないのに歯医者さんのクリーニングでかなり出血するとしたらそのクリーニング強すぎるかもしれません。

ご予約はこちらから

 

 ※これら以外にご質問がございましたら、お電話もしくはお問い合わせフォームからお問い合わせください。

→お電話03-6447-1558(日水木金土:13:00-20:00)

(専門的なご質問はお電話番号をお伺いして、こちらからかけ直させてさせていただくことがあります)

→お問い合わせフォームはこちら


→→<<TOPページ>>へ戻る

▲このページのトップに戻る